サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

ばっかり食べということ。

朝ごはん。自家製オランジーナ(笑)柑橘をギュッと絞って炭酸水を入れただけ。美味。

季節感がなくなった、とぼやく人は多い。野菜も年中同じ顔ぶれで、旬がわからなくなったと訳知り顔でいう人もいる。けれども、早くから出始めている菜の花は、実は品種が違っていて、早くできるものを早くできる場所で栽培していることも知る人は少ないし(なんでもかんでもビニルハウスというわけではないのだ)、いまのように店頭にたくさんの野菜が並ばなければ、間違いなく「毎日同じ野菜」を食べ続けなければならないことを忘れてしまっている。古い時代の食事記録を見れば、一目瞭然だ。

ある時期は白菜ばかり食べ、別の時期は芋ばかり食べる。厳密な意味で旬を食べるということは、そういうことだ。家庭菜園で採れすぎて困った経験のある人なら、簡単に旬がうんぬんなんて言わないだろう。といいつつ私は旬にこだわってはいる。その時期になると、その時期にしか食べられない、もしくはその時期が旬だとされている野菜や果物ばかり食べている。イチゴの時期はイチゴばかり、柑橘の時期は柑橘ばかり、という感じで。別に我慢しているわけではなく、好きなものを美味しく食べているだけの話。