サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

コーヒー大好きという話。

79年のコロンビア・マラゴジッペ。オールドクロップは面白い。ここのコーヒーは美味。

学生時代に通った喫茶店にはクラシック音楽がいつも流れていた。音楽喫茶の名残だったようだ。素敵な器、美味いコーヒー、そしてなによりサンドイッチが美味だった。それほどお金を持っていない身分だったけれども、その空間に身を置いて、いろいろと考えるのが好きだった。サンドイッチの中に入っているキュウリを抜いてくれとオーダーできるようになった頃、社会人としてなんとなく働きはじめた。その後もせっせと通った。世の中にはもっと美味しいコーヒーがあることを知っても、なお。

コーヒーは豆のまま購入する。そして、カリカリと挽く。ホントは飲む直前に挽くのが美味しいに決まっているのだが、時間もないし、密閉式の容器とセットになっているミルを愛用していて、一日分の豆をその日の朝に挽いてしまう。ミルの中で豆が砕ける瞬間に何とも言えない香りが立つ。これが立たないコーヒー豆は美味しくないような気がする。ペーパードリップスタイルで。挽いた豆にお湯を落とすと膨らんでいく。プクプクとガスが出る。香りがさらに立つ。我慢してゆっくり落とす。格別なコーヒー。