サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

ホワイトアスパラガス賛。

イタリア産ホワイトアスパラガスのビスマルク風。この時期がやって来ましたなー(笑)

ホワイトアスパラガスの美味さを、その気になれば、小さい頃から知ることが出来る、イマドキの子供が心底うらやましいと思う。以前のホワイトアスパラガスといえば、瓶詰めのグニョグニョの気持ち悪い物体にすぎず、サラダなどに添えられていても腹立たしい代物でしかなく、食べても変な味しかしない存在意義が問われる食品だった。いまはフレッシュなホワイトアスパラガスが割と手に入る。レストランのメニューに載り始める季節が待ち遠しくなるくらいの美味さで、食べていて不思議な気分になる。

ちょっと小洒落たスーパーや飲食店が密集する場所(私が暮らす東京・赤坂も、その典型だろう)にある食料品店でもホワイトアスパラガスを見かけるようになった。こうなると思う存分食べたくなって、ついつい購入してしまう。皮をピーラーで厚めにむいてから、その皮と一緒に塩とバターを入れたお湯でしっかりと茹でる。ソースは簡単で良い。なくても良いけど、マヨネーズとたっぷりマスタードでポッテリとしたソースを作って添えるのが、私流。その時期にしか食べられないものを存分に食べるのも、私流。