サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

博多ラーメンを愛してる。

バリチャーシュー麺。チャーシューがバリ乗ってる。麺もバリ固。後悔なんてしてない。

飲んだ後にラーメンという習慣は持ち合わせていない。たまに食べたくなるが、それは勢いというかノリというか、そんな感じで食べて後悔することしかない。ラーメンそのものにもそれほど興味がないし、日々食べているということもないが、博多ラーメンは愛してやまない。というよりもおそらく細麺を愛しているのかもしれないとも思う。量的には主張しないはずなのに、粉の味わいと食感が私を魅了する。スープはその匂いと味の濃さで大いばりのはずなのに、最後は結局「麺」を堪能することになるのだ。

以前博多でタクシーに乗ったとき、運転手さんに「美味しいラーメン店を教えてくれ」といったところ「東京から来た人はみんな同じことを聞くね。でも、博多=ラーメンじゃないですよ。私なんかは日常的にうどん食べるし」といわれて、うどん屋さんに案内されてしまったことがある。そこで運転手さんには「博多のラーメンはオヤツ。少しの麺を濃いスープでサラッと食べる。おなかの具合にあわせて替え玉をする。だから値段も安い。それが王道」と教えを受けた。そして、その教えを今日も破ってしまった。