サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

ご飯を残す勇気について。

ポーチャイファン。ランチはこれ一本。ボリューム満点。少し残すくらいで正解(苦笑)

ご飯を残すことに抵抗のある世代だ。一口残したら良いとか半分残すのが健康的だと言われても、どうしても残したくない。目の前でご飯を食べている人が残していたら「あ、食べないのならもらいます」とまで言いそうだった。が、あるときを境にしてその罪悪感とサヨウナラをした。外食を続けるとドンドンと際限なく太ってしまうからだ。例えば丼物よりも定食が良いと言われても、その定食のご飯は家で使っている茶碗よりも遥かに大きいドンブリだ。そう、丼物を止めても意味がないことになってしまう。

ダイエットの合い言葉は「ご飯半分でお願いします」だ。実際、そう言い続けるだけで体重は少し調整できるようになった。最初から控えめにしていただくと、残さなくても済むので罪悪感もない。困るのは写真のようなタイプ。コレ一本で勝負するお店は、ご飯の量も調整が難しい。結果として食べ過ぎてしまう。意志を強くして少しは残すようにしているが、今度はやはり罪悪感が頭をもたげてくる。ちなみに、ここの店のポーチャイファンは絶品で、できれば残したくない。その葛藤との戦いもなかなか難しいところなのだ。

お探しの店舗のページはありませんでした