サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

飲んだ後の締めの醍醐味。

中華そば。締めの一品。これもオーダーしたことなかった。素朴でフツーな味が嬉しい。

飲んだ後にラーメンが食べたくなるという人は珍しくないだろう。お腹の収まりが悪いといって焼きおにぎりやお茶漬けを食べるという人も多いと思う。先日は「甘いものでも食べましょうか」という提案に対して「いや、ご飯ものを」というリクエストがあり(笑)結果としてご飯ものを食べさせる店を探して、赤坂を徘徊した。最終的には韓国料理店でピビムパプを食べてことなきを得たって感じで、要は締めの一品はとても大切であるということなのだ。写真のそれは行きつけの居酒屋の締めの一品。なかなか美味。

ただ、この写真を見て「飲んだ後のラーメンって、その店で食べたいのではなく、少し歩き出してから、あ、食べたいってならない?」と感想をくれた人がいた。なるほど、それはそうかもしれない。一軒で完結することなく、駅に歩く道すがらもう少し何か食べたいなぁ、しょっぱいもの!って感じで「お、ここだな」とのれんをくぐるという風情が素敵であることは私にもわかる。ただ、残念なことに、件の居酒屋は私のアパートから歩いて三分のところにある。当然、その間には駅はなく、ラーメン屋さんもない。