サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

餃子のたれについて考察。

大皿餃子。昨日の夕方は今日から茗荷谷に個展を開催する画家さんとプレ打ち上げ(笑)

餃子のたれについて考えてみたことがある。たれという表記はどうすればいいのか。例えばタレと書きたいところだし、足れなのかと思ったり。辞書を引いてみると「食べ物に味をつける濃い汁。醬油味醂酒砂糖などを煮つめたものなど」とあるが、表記については定かではない。Wikipediaでは「タレ(たれ、垂れとも表記)とは、料理に使う液状の合わせ調味料の一種のこと」となっているので、まあ、そういうことなのだろう。そして、私の最近の餃子のたれは、辞書的なたれではないことを知る。

赤坂と乃木坂と青山一丁目と中間地点と表すればいいのか微妙な場所だが、ある中華料理店がある。ドラゴン炒飯やら茄子カレーが美味い店だ。そこで出される餃子は、醤油ベースの餃子だれではなく、単なるお酢と胡椒で食べる。これがさっぱりしていて美味いんだよ、マジで。と興奮してしまったが、ホント美味しい。長い間餃子を食べ続けてきたが、なにも考えることなく醤油ベースの餃子のたれをつけて食べていた自分を恥じたのは言うまでもない。それ以来、餃子は濃い汁ではなくて「酢胡椒」で食べる。お試しあれ。

(写真と本文は関係ありません)