サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

作り手の思いがあるもの。

フェアトレードの豆を使い、障がいのある人が作る。クリップのくるみボタンが可愛い。

コーヒーが好きである。中毒というほどではない。ないならないで不自由はない。けれども、たまに美味いコーヒーが飲みたいと思うし、道具類は好きなのていろいろと持っているし、(ほぼ)飲む前に豆をひく習慣は維持しているし、豆は生鮮食品だと思ってもいるので、結局やっぱりコーヒーが好きなのだろう。そして、同時にコーヒーという飲み物にまつわる幸せな話や不幸なことにも興味がある。自分が口にする食べ物によって不幸が生じていることには、鈍感ではいてはならないとも思っている。

仕事でショッピングカートを探していて、偶然このコーヒーにたどり着いた。フェアトレードで入手したコーヒー豆を、障がい者の人たちとともに販売する。だからどうしたと言われそうだが、少なくとも私はそういう試みをしている人たちを「コーヒーを買う」という「シンプルな方法で」支援したいと考えている。個人的な考えだが、コーヒーの美味さは「豆が八割、入れ方二割」くらいだと思っている。ハンドピックが行き届いた豆には、袋の口を止める包みボタン付きのかわいいクリップが添えられていた。こういうの好き。