サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

手軽さの先にあるものは。

オニオンクリームポタージュ。スープストック東京の冷凍品。手軽に食べられるのが吉。

コンビニエンスストアに足を運ぶと、冷凍食品の充実ぶりに驚かされてしまう。いまや冷凍の肉まで売られていて(それも小さめサイズで!)便利過ぎて恐縮してしまうくらい。ただ、じっくりと棚を眺めていると「中華系の食品」が多いことに気がつく。餃子、シュウマイをはじめとして、マーボ茄子や唐揚げなど。以前はコロッケだとかグラタンだとか洋食系が多かったような気がするが、ラインナップの変化は何かを物語っているのだろうか。いや、別にどうでもいいのだが、ちょっと気になってみたりして。

今回の写真はスープを売りにしたチェーン店の「冷凍スープ」だ。店舗や通販でも購入できるが、ナチュラルローソンでも手に入る。その手軽さがとても嬉しい。値段は決して安くないが、湯煎して器に開けたときに立ち上る美味そうな香りは、手軽さ以上の価値を私に提供してくれる。ホッとするというと大げさだが、なんとなくそんな感じ。安易に手軽さを求めるのは好きじゃないし、インスタントと呼ばれる食品も敬遠しがちだ。ただ、手軽さの先にあるものが感じられるようなものならば、たぶんそれは好きなものなのだ。