サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

かき氷で頭痛が痛くなる。

氷しるこ。この時期になると一度は食べたくなるし夏の間は何度でも食べたくなる逸品。

タイトルはもちろん校正が入るはず(苦笑)。かき氷は好きじゃなかった。我々の世代のかき氷といえば、毒々しい色で甘ったるいだけのシロップを、不味い氷にかけて食べるそれであり、駄菓子屋の冷蔵ケースで売られている氷菓としてのかき氷(しぐれなる名前がついていた気がする)であり、美味しいとはまるで思えなかった。実はジャムもそうで、給食の時にコッペパンに付いていた妙な味のするデンプンが最初のジャムだったので、ずいぶん長い間敬遠してきた食べ物だった。いまはこのジャムが好き。

さて、かき氷の話。好きになれなかったもう一つの理由に「頭が痛くなる」というものがあった。キーンとしてきてたまらなくなる。最初はシャクシャクと食べ進められるのに、いつの間にか頭痛が激しくなり(しかも後頭部)食べる気が失せてしまう。写真のそれは実に小さなかき氷で、頭痛が襲ってくる前に食べ終えられるサイズだ。甘ったるいだけのシロップも存在せず、氷の下にあるこしあんがたまらない美味さ。この時期になると何度でも食べたくなる逸品。書いていてまた食べたくなった。