サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

行事ご飯とソーシャルと。

うな牛。土用の丑も出遅れてしまいましたが、ランチにも出遅れてしまいました(笑)。

土用の丑の日だから鰻屋さんに行列を作る、なんてことはずっと以前にはなかった気がする。もちろん、季節の風物詩としては十分浸透している話だし、テレビのニュース番組のヒマネタとしても取り上げられていたのは薄らと記憶にある。が、今のようにこぞってという表現が当てはまるような食べ方は、ここ最近のことじゃないかなと思う。これは他の食べ物にも当てはまっていて、例えばかき氷はまさに今の時期の食べ物だけど、有名店にあんなに行列ができる、というほどの食べ物じゃなかった気がする。

花火大会だって以前から十分に動員力のあるコンテンツだった、けれども、同時に今ほどたくさんの人が来ていた、という記憶はないし、地域の夏祭りにしても、浴衣にしても、ある時期までは廃れてしまって誰も顧みないアイテムだった気がする。ソーシャルメディアやネットワークが進化して、多くの人が「その時期にならではのもの」を楽しんでいる「景色」が共有されるようになり、自分も楽しみたいという気持ちが可視化されるようになったのかな、という気がしている。今回は気がしてばかりだ。