サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

純粋さと猥雑さの狭間に。

プリン。モロゾフの。ひとつ食べたらしばらくプリンはいらないなという満足感(笑)。

友人の間でも知っている人は少なくなってしまったが、コンビニでプリン*1を開発したことがある。なかなか面白い仕事で(日常の商品開発は大変なので面白いなんて言っていられない)当時は相当熱心に、プリンを食べ歩いた記憶がある。原材料表記を見る癖がついたのもその頃だ。プリンといえば「牛乳・卵・砂糖」あとはバニラビーンズでできるのだが、残念ながらそんなシンプルな材料だけをつかったプリンはとても少ない。理由は簡単で原価がかかるからだ。ま、それ以外の理由もあるのだが。

振り返って、いま。シンプルなプリンとそうでないプリンとを食べ比べてみると、やはりシンプルなプリンが美味いと思う私がいる。けれども、そうじゃないプリンだってたまには美味いかもと思う私もいる。許容範囲が広がったという感じでもなく、原理主義者ではなくなったということでもない。ただ、それぞれ良さがあって、人によって好みが違っていて、とやかくいうことではないと、最近、改めて思っているからかもしれない。暑い日には、濃厚さはないけど、ツルッと食べられるプリンだって、乙なものだと思うし。