サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

オープンサンドの矛盾点。

朝ごはん。スライスした全粒粉パンにハーブ入りクリームチーズのタルティーヌ。美味。

タルティーヌなんて気取った言い方をしているけれど、要はオープンサンドだ。といいつつオープンサンドという言葉はいつも気になっていた。オープンでサンドって、挟んでないやん!(関西弁のアクセントで読んでください)ただ、サンドってサンドウィッチのサンドだったら人名だから、オープンなサンドウィッチってことなら話としての辻褄があうなぁと思ったりして。こういうどうでもいいことが気になりだしたら止まらないのだが、だからといって調べたりしない。気になることを放置して楽しむ。

日本人なのでご飯は大好きだし、その魅力に抗うことは難しいのだけれど、でも、パンの利便性は捨て難い。スライスしたパンにはクリームチーズもマンゴージャムもマロンペーストもオムレツもロースハムもツナとオリーブも合うのである。スライスしたバケットの上にのっけるだけで、それはもう御馳走である。って、マヨネーズの会社のコピーみたいなことを書いてしまったが。それくらい柔軟性があるというか、包容力が感じられる、パン。だからなに、という話でもない。