サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

酒を飲みつつ未来予想図。

キビナゴの漁師漬け。ワサビたっぷりで食べると日本酒にピッタリ。シンプルに美味!

好みの日本酒はあるけれども別に詳しいわけじゃない。ただ好きなだけだ。といいつつ日常飯で日本酒を飲むかといえばそうでもない。たぶん洋風のメニューが多いからだと思う。安い白ワインを買ってきて水のようにグビッと飲んで終わり。体質的に酔っぱらわないのでコストパフォーマンスは悪い。和食、それもちょっとしょっぱくて、なんというか醤油辛いメニュー。しかも魚があったりすると、それはもう日本酒だ。芯がしっかりしていて、コクというよりも、キッパリとした。そう性格のいいヤツ的な酒。

そう考えてしまうのは、ご飯のおかずは日本酒に合うと思っているからかもしれない。裏を返せば、ご飯のおかずがないと日本酒は飲まないみたいな。酒のアテと呼ばれるものでなくてもいい。玉子焼きとか、すき焼きの残りの糸こんにゃくなんかでも、日本酒は飲める。もしかしたらふりかけでも飲めるかもしれない。逆にパテドカンパーニュは大好物だけど、たぶんあれではご飯は食べられないし、結果として日本酒も飲めないと思う。なにより日本酒を飲みながら少し未来の話をするのは楽しい。いい夜だった。