サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

撮り続けて気がつくこと。

赤坂・江戸清の煮込み天丼と赤坂・吉野家の頭の大盛りは、丼が酷似。

そばを題材にした漫画を読んでいたら、昔の天ぷらそばの天ぷらは煮込んでいたという記述を見かけて「それはぜひ食べてみたいな」とずっと思っていた。何気なくランチを食べに近所の蕎麦屋さんののれんをくぐってみると、なんと煮込み天丼なるメニューがある。これはどう考えても漫画のアレの延長線上だろうと思った私は、早速注文してみた。このブログでも天丼の丼としての問題点は指摘しておいたが(まあ、そんな大げさな話ではないことは承知している)これはその問題点に一歩踏み込んだ一品だった。

別の日に私にとっての牛丼といえば、という孤高の存在である吉野家に出かけて、頭の大盛りなるメニューを頼んでみた。いつも通り写真に収め、サクサクと食べただけなのだが、戻ってみて、iPhoneのカメラロールを整理していたら「あれ、煮込み天丼の丼と頭の大盛りの丼は同じだ!」ということに気がついた。知識がないのでわからないが、きっと定番の文様なのだろう。食べた直後にはわからなかったことに、後で気づかされる。食事を写真に収めることは賛否両論あると思うが、こういう発見は楽しい。