サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

サンドウィッチへの愛を。

トーストハムサンド。遅いランチをミーティングがてら。美しく、そして極めて美味い。

サンドウィッチを愛していると、このブログでは繰り返し書いてきた。そう、本当に愛しているのだ。おにぎりも嫌いじゃないし、巻寿司だって好きだ。バケットを使ったサンドウィッチを良いと思っている。が、この、角食パンを使ったサンドウィッチにはかなわない。トーストしていてもいいし、トーストしていなくてもいい。なんだろう、この手放しの溺愛ぶりは。それほどに愛している。美味いサンドウィッチがあると聞けば、遠くてもいそいそと出かけている自分に、時々呆れてしまう。

ただし、角食パンを使っているサンドウィッチだからといっても、微妙に好みはある。具材が申し訳程度に挟んであるのは、貧相なのでちょっと残念な気持ちになってしまう。パンが古いとその乾いた状態に萎えてしまう。具材が多すぎると、食べにくさと相まって、少し引いてしまう。楚々としていて、凛として、それでいて、バランスよく、サンドウィッチとしての美味さを、美しさとともに、十全と楽しませてくれるサンドウィッチが大好きなのだ。そんなことをいっている、自分が面倒くさい(汗)。