サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

牡蠣フライを溺愛してる。

f:id:KatsumiSakata:20150305194045j:plain

牡蠣フライの旨さを正確に伝えることは難しい。そもそも牡蠣自体、大人になってから好きになる食べ物の代表であり、酸いも甘いもがわかってからでないと理解できないものなのに、フライというフォーマットは、年齢を重ねたタイミングでは食べられない、むしろ食べてはいけないそれなのだ。だから何といわれそうだが、牡蠣フライを十全に味わえる時期は人生においてそれほど長くない、ということであり、恐ろしいのは、その真の旨さを理解する前に、牡蠣フライのファンとしての一生を閉じてしまう危惧だ。

なので、結局のところ、シーズンがやってきたなら牡蠣フライは是が非でも食べるべきメニューであり、旬の時期には繰り返し食べるべき一品であり、名残の時期が来たら、それこそ間違いなく名残を惜しんで食べるべき逸品であることはいうまでもない。最近では牡蠣フライは意外に年中あるメニューだからこそ、街角に誇らしげにそびえ立つ「牡蠣フライ」の幟を見たら、それもう小躍りしなければならないし、時期が過ぎ、店内の「今年は終わりました」という色画用紙に泣くことも、きっと許されると思う。