サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

そこにある自由について。

f:id:KatsumiSakata:20150516141501j:plain

Macに最初から入っている辞書を使って自由と調べてみると面白かった。以下、一番の意味だけを、引用してみる。

他からの強制拘束支配などを受けないで,自らの意志や本性に従っていること(さま)。自らを統御する自律性,内なる必然から行為する自発性などがその内容で,これに関して当の主体の能力権利責任などが問題となる。哲学的な意味では,自らを自律的に統御し,内なる必然から自発的に行為すること。外的自然からの自由,内的自然(理性や意志以外の要因)からの自由,他人による強制からの自由に分かれる。意志の自由とほぼ同義。社会学的な意味では,社会集団が個人の自律的な判断決定能力を発展させる構造的条件を備えていること。基本的人権のほか価値規範体系の整備なども含む。「―な社会の実現」政治的歴史的には,時代によって異なる内容をもつ。古代ギリシャでは奴隷などと区別されたポリス市民固有の属性,すなわちすぐれたものへの洞察力を意味したが,中世ヨーロッパでは身分的特権の別名であった。近代のリベラルな自由概念は一七世紀の宗教戦争以来成立し,市民革命を経て強化確立され,宗教的自由から思想信条の自由が,さらにそこから言論出版の自由が要請された。この過程で,権力と対立しこれを制約する自由という視点も出てくる。マルクス主義的には,社会全体が解放され,人格の自律が真に達成されることが重要視される。

簡潔をもってよしとするはずの辞書でも、このくらい饒舌になるほど、自由を説明するのは難しい、ということなのだろう。