サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

コッペパンの切ない思い。

朝ごはん。コッペパンにピーナッツクリームをサンド。コッペってどういう意味かしら。

ごめん、切ない思いも切ない思い出もない。コッペパンを食べるのが苦痛だった。学校給食で出されるそれは、まったく味気なくてボソボソしていて、なんだこれだったらご飯のほうがいいやと、いつも思っていた。マーガリンは油臭かったし、たまについてくるイチゴジャムは苦痛だった。イチゴのフレーバーは付けてあるけど単に甘いだけで、どうにも我慢ならなくて困った記憶しかない。コッペパンの形をしているけれども、黒糖が練り込んである生地を使ったパンや、揚げて砂糖をまぶしたコッペパンは好きだったのに。

ただ、いまコッペパンを見かけるとつい買ってしまう。好きではなくて、むしろ嫌いだったはずなのに、郷愁のようなものに誘われるのだろうか。ピーナッツクリームが挟んでいるなんて「嬉しすぎるなぁ」と心の中でつぶやいたりしている。昔はそんなことを思ったりしたことはなかった。この気持ちの正体はなんなのだろう。不思議というほどでもないけれども、買って帰って改めて目の前にあるパンをジッと見ていると、かすかな違和感がある。これは私にとって懐かしい味なのかと。まあ、懐かしくはあるんだけどね。