サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

またも焼きそば愛を語る。

焼きそば。立ち食いそば屋さんだけどメニューに焼きそばがあるので焼きそばを食べる。

気がついたら焼きそばを食べている、そんな経験を持っている人は一人や二人ではないだろう。いや、私だけかもしれないが、少なくとも自分自身は、吸い込まれるように、いやいや、取り憑かれたように気がついたら焼きそばを口にしていた、ということが頻繁にある。立ち食いそば屋さんなのに焼きそばがあるという有楽町の写真の店などは、私の焼きそばに対する渇きを癒してくれる格好の場所だ。美味しいか美味しくないかという問題ではない。焼きそばなのか違うのか、そういう問題なのだ。

冷蔵庫には、チルド麺日本一の売り上げを誇る例の焼きそばが完備してある。中に入れる具材、キャベツやらネギやら肉やら、そういうモノがなくても、まったく平気。ただ、少なめの油をフライパンにしいて、ほぐすためにレンジで少し加熱した麺を投入、ジャッと焦げ目がつくまで炒めて、粉末ソースを入れる。もう、漂う暴力的な香りに魅了される。塩焼きそばも中華風のあんかけそばも好きだ。でも、やっぱりこのソースのジャンクな味には抗えない。何度告白したかわからない。そう、愛してるのだ。