サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

朝ごはんにはフルーツを。

いただきものの果物での朝ごはん。オータムキングなる品種。スナック感覚が面白いな。

昔、母親に「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅だよ」と言われていた。言われていたわりには、フルーツはデザートの感覚で、晩ご飯の後にばかり食べていた気がする。ただ、いまのようにバリエーションが豊かでは当然なくて、林檎の時期は林檎ばかり、蜜柑の時期は蜜柑だらけ、葡萄の時期は葡萄を食べ続けと、そんな感じだった。ちなみに西瓜とメロンは好きじゃなかったので、食卓に上ったとしても食べなかった。いまも西瓜は嫌いで水菓子として会席料理などの最後に出ると、たちまち困ってしまう。

いま、フルーツは朝食べることが多い。季節のものを少しだけ。相変わらず時期には時期のものを食べる癖が抜けないようで、葡萄の時期になると、終わるまで(要はスーパーマーケットで手頃な値段で買えなくなるまで)葡萄ばかりを食べている。睡眠中に奪われた身体中の水分が、果物の瑞々しさによって取り戻せるような感覚が嬉しいのだ。ただ、お腹いっぱいになるほどはいらない。ほんの少しだけ。目を覚ますために必要な量が食べられれば良い。朝起きて、冷蔵庫にフルーツがないと少し寂しい。