サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

ママやパパがサンタさん。

f:id:KatsumiSakata:20150511100706j:plain

以前、サンタクロースの正体はある時期から親だ、というストーリーを書いたらどうかという、与太話をしたことがある。こんな感じだ。12月に入ると、全国の6歳児を持つお父さん、お母さんは、突然三日間の旅に出る。そう、サンタクロースになるための研修を受けるのだ。それ以下の子供たちには、いままで通りサンタクロースがやってくる。けれども、子供の数は多い。だから、お父さん、お母さんがサンタクロースから委託を受けて、世界の良い子に「今年も素敵な子供でいてくれてありがとう」と感謝の意を表するのだ。もちろん、大切なのはプレゼントを渡すことではない。気持ちを伝えるということ。その意義と意味を。多くのお父さんお母さんはサンタクロースから学ぶ。

研修は厳しい。トナカイの操縦や煙突からの住居侵入の方法は、時代錯誤なために、もはや免除されているが、それ以外はあまり変わっていない。一年、自らの子供が何にトライをし、どのように悩み、そして成長してきたのか。お父さんお母さんサンタクロースは、丁寧に、そして、一つ一つ振り返らなくてはならない。そして、子供の成長とそれにまつわるエピソードを知らない親は、自分自身を反省しなければならない。ページをめくるように、シーンを思い出して、そこにある笑顔を思い出す。そして、どんな言葉で子供たちに「素晴らしい一年になったね。素敵な子供でいてくれてありがとう」と伝えるのかを、研修の三日間考えるのだ。そしてカードにそれを書き、我が家に戻る。

そうなれば、プレゼントを選ぶのは簡単だ。子供たちと過ごした年の中で、彼らがどんなものに興味を持ち、どんなことに喜んだのか。思い出せばいいだけだ。子供たちはいうだろう、どうしてサンタさんは、自分が欲しいと思っているものがわかるのだろうかと。そりゃわかるさ、だって、あなたたちのことを、いつだってどんな時だって、ずっと見ている人たちが、あなたにとってのサンタクロースなんだから。

f:id:KatsumiSakata:20171222102535j:plain


というところまで、二年前に下書きしていた。今日、ふと、古いブログの整理をしていたら、それを発見した。これ、親子に限った話じゃないね。恋人はサンタクロースって話だって、同じことなんだから。宗教的な意味はわからない。マーケティングに踊らされるなと揶揄することも容易い。けれども、やっぱり誰かに感謝の意を込めて、贈り物をするという、その行為は楽しいと思うのだ。メリークリスマス、というセリフは恥ずかしくてとても言えない、かもしれないが、浮かれた気分が漂う、この、年末に向けてのわずかな期間で、ちょっとした贈り物をする、気の利いた食事を共にする、それっていいことなんじゃないかと、この歳になって思う。ということで、皆さん楽しい夜を。

というところまで2017年12月22日に下書きしていて、公開を忘れたわたしこそ、あわてんぼうのサンタクロースなのかもしれません。いや、そんなかわいくない。