サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

お祝い飯はとても楽しい。

シュークルート・ガルニ。アルザスの伝統料理。転職のお祝いご飯をワイワイと皆でー!

知り合いの女性が転職したので、そのお祝いを気心の知れたれレストランで。同じ業界の人間なので、自然という表現は正しくないかもしれないが、結果として仕事の話になったりして。業界のあるべき方向性や、企業が取るべき施策のようなものを美味いものを食べながら、いろいろとアイデア出しをしたりして。その方向性が正しいかどうかわからないが、チャレンジしてみますという人も現れて、美味いご飯の席に仕事の話を持ち込むのは無粋かなという、ちょっと後ろめたい部分も帳消しに。

面倒な相談や愚痴を聞かされるときには「なるだけ美味しくない店」をチョイスすると以前にも書いた。嫌な話を耳にしていたら、結果としてご飯が不味くなってしまうからだ。今回は、新しい道を自分で選んだ人への餞の一献であり、その延長線上にある、やるべきことへのヒントを話す、という感じだったので、とびきりの店をチョイスした次第。なによりも、直球勝負の美味い料理は、そこに集った人たちの進むべき道を示しているのかもしれないなと、桜並木をほろ酔い気分で歩きながら思った夜だった。