サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

来年も美味いもの食べる。

おでん。縮みほうれん草は久松農園さんのもの。濃いのにスッキリした味わい。美味い!

美味しいものの定義は難しい。純粋に料理の味が良い、というだけでは、当然のことながら美味いものにはならない。例えば、一緒に食べる人によっては、最高の料理だけれども最低の味わいになってしまう、ということもある。逆は、なかなかないけど(笑)。そう考えると、来年も美味いものを食べるぞ、という決意は、同時に、来年も気分の良い人付き合いを心がけるぞ、ということに他ならない。自分が一緒に時間を過ごして、気分の良い人だけを食事に誘って、美味しく食べる。極めてシンプル。

一年間の食べたものを振り返ってみると、保守的な印象しかない。手堅い店で手堅い料理を食べていた、そんな年。食べたものを写真に撮り、それを見返すだけで、その年の自分の精神状態が垣間見えたのは、極めて興味深かった。ただ、コンサバティブな食事を繰り返していたということは、守りに入っていたということではなく、逆にストレスが極めて多かった年だったと、自分では解釈している。要は、辛さをリリースする食事だったと。来年は喜びを分かち合う食事を、たくさんしたいと思っている。