サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

フードポルノへようこそ。

f:id:KatsumiSakata:20180111200927j:plain

食事の席で出された料理を写真に収めるという行為は、もはや当たり前になってしまった。いや、当然、それを禁止しているお店もある。が、多くの場合「お写真をどうぞ」といった、結婚式におけるケーキ入刀時点の司会者の掛け声のようなものが、お店のシェフやスタッフから、かけられることになってしまった。撮る気がなかった人まで、スマートフォンをカバンの中から取り出して、とりあえずと言った風情で一枚パチリとやる。そういう、改めて見ることもなさそうな写真が、フォルダの中にたくさん溜まっているという人も少なくないだろう。そんな時代だ。だからなに、というわけではなく。

わたし自身、料理の写真を撮ることが好きだ。溜まったそれをみて「あー、これは美味かったな」とか「この料理が出てきたときに、あの人と、どうしようもない話をしたよね」という感じの、ちょっとした振り返りをしたり。その時間もまた楽しい。ただ、ひとつ言えることは、旨くなかった料理であっても、写真の撮り方いかんでは美味く見えるというケースは少なくないということ。同時に、いくら上手に撮れていても、その旨さが十全と伝えられない写真も多いということ。特に後者は不思議とある。言葉はいつも思いにたりない、という言葉があるが、写真はいつも旨さにたりない、という感じ。