サカタカツミノブログ

まったく個人的なブログ。ブログなんてすべてそんなものだけど。

前提を間違ってしまうと。

f:id:KatsumiSakata:20180107152429j:plain

例えば「人は学びたいと思っている」という前提に立っている人たちと話すと、人は誰であっても、どんな人であっても、絶対に「学びたいという気持ちを持っていて、それを表出することができないだけだ」という、決まったストーリーに沿った会話になる。さらにいうと、そういう会話をする人たちは、そういう会話が好きな人で、かつ、そういう前提に立っている人たちで集まってしまうので、結果として、それは当たり前の話になって、間違いのない、それこそ、強固な価値観になってしまう。もちろん、そうじゃないことは考えればわかるのだが、まあ、実際はわからない。勘違いしがちである。

前提をフラットにすることは難しい、というか、たぶん無理。だからこそ、フラットにいるべきだ、という姿勢を保ち続ければ、という前提を持たなければ、的な前提も、やはり間違っている可能性がある。世の中にはいろいろな考えを持つ人がいる、ということは、当たり前で、結局のところ、そんなことをことさら声を大にしていう必要はないとは思っても、結果として、前提をフラットにしている人たちのメッセージは弱々しいものになって、誰にも届かなくなってしまうことが、意外に怖いことなので、大きな声と思い込みの強いメッセージには、いつも懸念を示しておきたいと思っている。私は。